スタートから6年。
 
今年も、参加企業の中から審査員によって選ばれた4チームが、6ヶ月間に及ぶ勉強と実践の成果を、そして、そのプロセスをプレゼンテーション致します。
 
どんな時代においても、会社の未来に希望を感じながら一丸となって目標に向かう組織は、社長も社員もイキイキと輝いています。
 
高い高い目標を目指し、一丸となって働き出す。
会社の未来に希望を感じ、社長も社員もイキイキと輝き出す。
 
それが、私たちネクサミの目指す『未来』です。
 
一人でも多くの方達に、『人が輝く未来創り』に共感して頂ける大会を開催できるよう尽力して参ります。
 
2017年10月吉日
ネクストワールド・サミット実行委員会


壇上チーム

※50音順 所在地/業種/従業員数/半年間の軌跡

株式会社アーバンはるか(広島県/葬祭業/13名)

東広島にある13名ほどの小さな葬儀社。設立3年と若い会社に6名ほどの大学生がいる。昼間は大学に通う、学生アルバイトだ。ネクサミに参加する以前から、彼らは営業から葬儀に至るまでの全てを行っていた。今回は、そんな彼ら大学生による挑戦だった。
 
彼らが掲げた目標は、売上昨対400%!4倍の数字を達成すると意気揚々に臨んだのだ。勉強会で学んだことは、こちらの想像を遥かに越える勢いでやる! 

「真のお客様の声を聞こう」と学べば、5人で2,700軒のお宅を訪問。また、13,000軒のポスティングをした後に、正しい開封率を知ろうと、一軒ずつ訪問し、お客様の本当の声を、にかく聞き続けた。結果は…当然ながらスゴイ数字となった。
 
しかし、彼らの道のりは平坦ではなかった。社会のこと、大人のことを知らない彼らは、真っ直ぐが故に、苦しんだ。お客様からの信頼も増え、ファンも増え…と順調に進んでいるにもかかわらず、頑張るほどに、先輩社員達とはうまくいかない。
 
そんな彼らが、先輩たちにも愛され、応援され、社会人よりも社会人らしく成長していく姿にきっと心を打たれる人も多いだろう。
http://urban-haruka.jp
 

KRKプロデュース (株)(東京都/ブライダル映像企画制作/199名)

結婚式の映像制作・撮影の会社。年間1万件の結婚式が行われる大手結婚式場。そこで上映される映像関連を一手に担い、企画・制作している。
 
しかし、どんなに素晴らしい商品を企画・制作しても直接、新郎新婦に販売することはできない。式場で働くプランナーさんが「ぜひ売りたい!」「お客様にお勧めしたい」と思ってもらわない限りお蔵入りしてしまう。つまり、B to B to Cのビジネスだ。

これまでは、どんなによい新商品を開発しても、初月は、たった3件ほどの受注。しかし、今回の商品は10倍の31件を獲得した!とは言え、そこに至るまでは涙々の道のりだった。取引先のリリース時期が遅れたことで、販売開始時期が予定より大幅に遅れ、トコトン落ち込み、悩み、苦しんだ。
 
しかし、気持ちを入れ替え、その分を「売りたいと思ってもらうための仕組みづくり」に、時間と労力をかけることにシフトチェンジ。全支社130名以上の社員だけでなく、取引先のプランナーさん達にも応援されるまでの、ビッグウエーブを作った!今現在も数字は伸び続いている。
 
「B to B to C」にありがちな『待っている会社』から『相談される会社へ』と、見事に変革させたのだ。
https://krkproduce.co.jp/whats_krk/
 

(株) スギヤマコーポレーション(静岡県/冠婚葬祭互助会/1,000名)

50年以上もの間、地元静岡で信頼され続けてきた老舗企業も、時代の流れに抗うことはできなかった。地縁血縁関係が希薄になり、葬儀という儀式に対する価値は低下した。価値の低下に伴い、かける費用も低下する。これまでのような営業スタイルや商品構成では、顧客の心は動かせなくなってしまった。
 
これは、葬儀に限ったことではない。これまでのように、「みんなが同じようなものを欲する」そんな時代は終焉を迎え、多様化した価値観、一人一人が欲する欲求に応え続ける努力なしには生き残れない、そんな時代に私たちは生きている。

彼らの挑戦、それは、これまで50年以上続けてきた営業スタイルや商品構成を変革し、全く新しいやり方、あり方を目指すという極めて困難な挑戦だった。ベテラン社員や中堅社員にしてみれば、これまでの自分たちを否定するところから始めなければならない。そんな180度転換とも言える大きな挑戦だったのだ。
 
葬儀という「モノ」を売るのではなく、葬儀という「体験(コト)」を売る。
 
顧客の潜在ニーズを引き出し、顧客の「欲しい」をカタチにする。
 
人と人との繋がり、家族との繋がりの中に、生きる価値を見い出せるような、そんな体験としての葬儀を創造する。積み上げてきた過去を超えようと必死にもがいた180日間で、彼らは希望の光を見出すことに成功した。
http://www2.ainetgrp.co.jp/group/network/index.html
 

(株) ナカジマプランニング(群馬県/業務用エアコンクリーニング/10名)

社員2名、エアコンクリーニング事業を中心に群馬県で事業を展開している小さな会社だ。彼らはこの半年間で、まさに「家業から企業」への一歩を踏み出すことに成功した。
 
どんな会社でも、歴史を重ね、規模が大きくなっていくにつれて、創業期のような輝きを失っていく。未来を夢見て、ただただがむしゃらに走り続けたそんな日々を忘れていく。

しかし、会社の未来を見据え、必死になって駆け抜けた彼らの180日間の軌跡は、誰もが忘れてしまった「情熱」を、思い出させてくれる。
 
彼らの発表は、どんなに会社が成長しても忘れてはならない「何か」を、きっと思い出させてくれるはず。
http://nakajimaplan.com
 

日本印刷 (株)(東京都/印刷業/135名)

創業53年になる印刷会社。ネット印刷の台頭やペーパーレス化に伴って、中小の印刷会社は非常に厳しい状況下に置かれている。彼らも例外ではなかった。そんな状況の中で、彼らが掲けた目標、それは、「販売件数(アイテム数)を伸ばすこと」だった。
 
新規のお客様を増やすことはもちろんだか、それ以上に彼らが目指したのは、「印刷は、弊社へ」から「何か困ったことかあれば、弊社へ」と、会社の存在価値を変えることたった。

そのために必要不可欠なのが、この変革に向けて社内を一枚岩にすることだった。営業、生産の連携はもちろん、部署の壁を越え、一丸となること。これこそが、彼らのネクサミ参加の目的であり、会社のミッションとなったのだ。
 
結果、昨年対比113%。業界では驚異的とも言えるだろう。従業員135人は、どのように動き出したのか。
http://www.npc-tyo.co.jp

 

ネクサミの流れ

6ヶ月間の勉強会

6ヶ月間、高い高い目標に向かって、同じ志を持つ異業種他社(者)の仲間と共に学び合います。
 

プレゼン能力の強化

自分たちの変化成長をプレゼンテーションすることで、ビジネススキルが格段に上がります。
 

本大会に残る壇上チーム

厳しい審査から選ばれた5チームが、6ヶ月間の軌跡と成果をプレゼンテーション。
 

大舞台での表彰式

全国から集まるビジネスマンの前で、一年に渡る成果の集大成を発表。この壇上での表彰を目指します。
 

今年も、6ヶ月間の勉強会を通じて成長したチームの成果発表会が開催されます。

 
彼らが何を学び、何を成し遂げたのか、 そして、それが組織にどのような影響を 及ぼし、会社がどのように変化したのか。 ぜひ会場で体感してください。
 
主 催

一般社団法人 日本経営イノベーション協会

総合プロデューサー

森 憲一氏:株式会社サードステージコンサルティング代表取締役

共 同 研 究

明治大学サービス創新研究所

ネクサミに参加企業・チームの中から厳しい審査をくぐり抜けたチームが、その成果達成までの具体的な取り組み・プロセスを、壇上にて発表致しますネクサミに参加した方や、成果発表会に参加された方は・・・
 

「うちの会社も、壇上に立てるような会社を目指したい。素直に羨ましい。」(サービス業経営者)

 

「私も仲間と共に学び、切磋琢磨し、こんな風に目標を達成したいと感じました。」(正社員26歳)

 

「今まで頑張ることがカッコ悪いと思っていましたが、そう思っていた自分が恥ずかしいと思った。」(正社員32歳)

 

「ここでやるからこそ、人は成長できるのだと感じました。」(正社員32歳)

 

「仕事で熱くなれる環境に身を置きたいと仕事への関わり方を考えるきっかけになった。」(正社員24歳)

 

「必死に目標達成に向かっている様子を垣間見て、社会人ってすごいと感じました。」(学生 大学4年)

 

私もこんな大人になりたい。ネクサミは将来の自分を想像させてくれるものでした。」(学生 大学2年)

 
参加チームや将来の参加者など、 会場にお越しの皆様からの投票により、『第6期 プレゼン賞』が決定されます。
 
大会を観覧される皆様に投票権があります。
※ 途中入場・退場の方には投票権はありませんので、予めご了承下さい。

ネクサミ開催概要

開催日時

2017年12月1日(金)

13:00〜16:40予定(開場12:00) 

  • ロビーにて全チームによるポスターセッション(投票あり)
  • オープニング
  • 選出チームプレゼンテーション(5チーム)
  • 投票
  • 勉強会講師による講演第6期昨対平均155.2%、イキイキと高い成果を目指す組織の作り方。壇上チームの振返りと共に」
  • 結果月発表及び、表彰式
  • 総 括
  • エンディング

大会観覧チケット

大会観覧+ガイドブック付き
 3,000円(税込)
 
 学生:無 料

 ※当日、有効な学生証をご提示下さい
 
 


大会審査員

阪井 和男氏:明治大学教授
新城 洋一氏:ホテル・ザ・マンハッタン創業者
佐藤 尊徳氏:株式会社損得舎代表取締役
菅原 勇一郎氏:株式会社玉子屋代表取締役
井坂 康志氏:ドラッカー学会理事・東洋経済新報社
戸田 博人氏:熊本大学大学院客員教授
境 健一郎氏:株式会社かんき出版 前代表取締役
古川 宗男氏:ハワイ大学名誉教授

会場アクセス

日本橋公会堂

〒103-8360 東京都中央区日本橋蛎殻町町1-31-1

[地図を開く]

【交 通】

東京メトロ
 半蔵門線「水天宮前」駅 6番出口 徒歩2
 日比谷線「人形町」駅  A2番出口 徒歩5
 東西線「茅場町」駅   4-a番出口 徒歩10
都営地下鉄
 浅草線「人形町」駅   A5番出口 徒歩7


大会観覧チケット キャンセル待ち

 満 員 御 礼 

 おかげさまで「第6回ネクサミ成果発表会」の観覧チケットは完売となりました
 キャンセル待ちをご希望の場合は下記のフォームよりご登録下さい
※ キャンセル待ちのご登録が確実にチケット購入を確定するものではございませんので,
予めご了承下さい.

は必須項目です。

大会チケット
一 般(前売):3,000円
学 生:無 料
枚 数 
お名前(姓) 
お名前(名)
メールアドレス 
会社名
郵便番号 
都道府県 
住 所 
電話番号 
業 種 
サービス
飲食・宿泊
建 設
製造加工
情報通信
運輸郵便
卸売小売
不動産
学 生
その他
コメント